代表挨拶|企業情報|ウォータージェット工法・ダイヤモンド工法で都市づくりを支える第一カッター興業

第一カッター興業株式会社

われわれに切れないものはない。

代表挨拶

第一カッター興業株式会社の代表挨拶を掲載しています。

第一カッター興業株式会社 代表からのご挨拶


第一カッター興業株式会社
代表取締役社長 広瀬俊一

当社は昭和42年の創業以来、「最良の企業を目指す」を基本理念に掲げ、「ダイヤモンド工法」事業、「ウォータージェット工法」事業、及び「ビルメンテナンス」事業により、「切る・削る・剥がす・はつる・洗う」という特殊技術を広範囲に提供しております。

近年の建設投資の流れは、コンクリート構造物を「つくる」時代から「補修・補強」の時代、すなわちリニューアル化へと大きく転換しております。高速道路・橋脚・港湾・空港などのコンクリート構造物の老朽化対策、耐震・免震工事の必要性が喧伝されております。東日本大震災の復旧・復興作業も急務であり、東京オリンピック・パラリンピックに向けて、都市部のインフラの構築と、施設の再利用のための補修・補強が求められています。さらに、原発の停止により、老朽化した火力発電所の補修、水力発電所の補強も必要とされております。

このように、既存構築物のリユース、メンテナンス、コンバージョンが増加している中で、補修・補強や改装・再利用に伴うスクラップ工事においては、騒音・粉塵・振動の少ない、環境にやさしい工法が求められております。

こうしたお客様の様々なニーズに合わせて、当社は多数のラインナップを最適に組み合わせ、「環境に配慮した工法」「安全かつ効率的で経済的な工法」をご提案しております。これからも品質管理・安全管理・工程管理のレベルアップを追求し、お客様の要請・時代の流れに対応できる新しい施工技術の開発に取り組んでまいります。

また、リユース事業につきましては、使用後のIT機器の回収・情報消去・リユース/リサイクル・回収機器のカーボンオフセットなど、IT機器のマテリアルフローの終端部をワンストップで取り扱い、お客様のセキュリティの確保と環境志向のCSRソリューションを提供しております。

皆様からのご協力とご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。