代表挨拶|企業情報|ウォータージェット工法・ダイヤモンド工法で都市づくりを支える第一カッター興業

第一カッター興業株式会社

われわれに切れないものはない。

代表挨拶

第一カッター興業株式会社の代表挨拶を掲載しています。

第一カッター興業株式会社 代表からのご挨拶


第一カッター興業株式会社
代表取締役社長 高橋 正光

当グループは1967年の創業以来、「最良の企業をめざす」を基本理念に掲げ、ダイヤモンド工法、ウォータージェット工法、及びビルメンテナンス事業により、「切る」「はつる」「洗う」「剥がす」「削る」をキーワードに、特化した技術を様々な現場へ提供させて頂いております。

国は「国民の安全と安心の確保」「被災地の復旧・復興」を掲げ、緊急時の物資輸送ルートの確保、防災、被災地の人々の生活が一日も早く落ち着くようにと、建設投資における維持修繕工事が占める比率は年々高まっております。あわせて、ネット通販の普及による物流、訪日外国人の受入れなどの観点からも、都市の再開発だけではなく、高速道路をはじめとしたコンクリート構造物の老朽化対策、耐震化は急務であり、電力・上下水道などのインフラ設備も増強化を必要としています。このような状況下で、周辺住民や環境、そして長寿命化をはかる構造物に配慮をした振動・騒音・粉じんの少ない環境に優しい工法が求められており、当社は業界のリーディングカンパニーとしてお客様の要請と時代の流れに応えるべく研究開発を進め、豊富な工法のラインナップを形成し「安全・環境・工期・コスト」の最適な組み合わせによるサービスを提案しております。

また、ビルメンテナンス事業やPCリユース事業にも共通して、人材の採用と教育に注力し、良い人材による良いサービスをお客様へ提供出来るよう従業員の教育・就業制度の改革に積極的に取り組んでおります。

これからも当グループでは、特化した技術と高いサービスをもって社会へ貢献するべく、法令順守はもとより、ガバナンス体制の確立による健全な経営を心掛け、安全と安心をお客様へ提供できる企業集団を形成してまいります。

皆様からのご協力とご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。