企業からのメッセージ|採用情報|ウォータージェット工法・ダイヤモンド工法で都市づくりを支える第一カッター興業

第一カッター興業株式会社

われわれに切れないものはない。

企業からのメッセージ

 

第一カッター興業株式会社への入社をお考えの方に向け、当社からのメッセージをご紹介しています。

社長メッセージ

日本には、「成長する建設業」というカテゴリーが存在します。減少を続ける公共事業を尻目に、既存建築物のリニューアルに特化した企業が安定して業績を伸ばしています。そしてそのリニューアルにおいて大きな役割を果たすのが、「ダイヤモンド工法」や「ウォータージェット工法」なのです。これからは人口と税収の減少により新築需要が伸びないかわりに、補修・維持・耐震補強・コンバージョンなどの需要が増加し、CO2の削減や地球温暖化防止のための設備の更新が求められる時代なのです。

こうした時代に不可欠な2つの工法にいち早く着目した 当社は、1967年の創業以来、着実に業績を伸ばしてきました。そして今、同業他社の追随を許さない技術力と実績で業界のリーディングカンパニーとしての地位を不動のものにしています。

◆正しい企業のあり方を追求して

当社は創業以来、「最良の企業を目指す」を基本方針に掲げ、たゆまぬ努力を続けてきました。経営陣は現場で働くことが会社の根幹であることを肝に銘じ、一切の財テクを拒否し、本業に専念することで無借金経営を維持。安定した財務体質を誇る当社は、誰もが安心して定年まで勤め上げられる会社であると自負しています。

現在は全国展開を目標に掲げ、全14事業所(グループ会社も含む)において当社オリジナルの方式により、研究開発、スキルアップ支援を実施。 また、役員の子息の入社を禁じ、意欲のある者なら経験や年齢にかかわらず重要なポジションに就くことができる仕組みを築いています。同時に、業界唯一の上場企業として、企業の健全性について社内外からチェックを受ける体制を持っています。

◆確かな技術とプライドを胸に

当社の毎日の仕事は、橋やダムやビルを静かに切り取っていくという、とても地味なものです。そこには決して華やかさはありませんが、堅実な技術を身に付け、プライドを持って社会に貢献していきたいという気持ちがある人にはぴったりの会社だと思います。

当社では、基本的に毎年新卒採用を実施し、必要に応じて中途採用を行っています。興味を持たれた方はぜひ積極的にご応募ください。「成長する建設業」のなかで、私たちとともに「最良の企業」を目指していきましょう。

人事担当メッセージ

はじめまして。人事担当の蝦名と申します。

このメッセージを読んでいただけることを光栄に思い、そして感謝申し上げます。

当社の本業は現場です。活躍する場所は建設・土木現場なので、いわゆる肉体労働となります。現場の職人達は、自分達の技術にプライドを持って日々汗を流しています。「切る」「はつる」「洗う」「剥がす」「削る」という技術を駆使し、「専門工事業」として社会に貢献しています。

◆本業第一

当社は、採用に関しましても「本業第一」を根幹としております。よって、新卒社員は全員工事課への配属となります。現場で当社の本業について学んでもらいます。そして、技術や知識を身につけ、次のステップに進んでいただきたいと考えております。そんな私も工事課に配属され、3年半ほど現場で汗を流してきました。現場での作業は決して甘いものではありませんが、そこで学べることを素直に吸収し蓄え、それを発揮してもらいたいです。現場で活躍し続ける、現場で学んだことを活かして営業など他のステップを踏むかはあなた次第です。しかし、どのような道を進むにしても、当社の根幹は現場にありますので、まずは現場からスタートしていただきます。

◆求める人物像

このような特徴を持ちますので、採用において可能な限りありのままの姿を見せたいと思います。それはホームページや会社パンフレットには載っていない、大変だった現場の話や、厳しい現場の中にどんなやりがいがあるのか等、現場のリアルな姿です。これらの情報を発信することで、当社で働いているイメージを少しでも描きやすく出来たらと考えております。これは、入社後に「思っていたイメージとなんか違う・・・」という状態を避けるためです。このようなギャップからすぐに辞めてしまうのは、入社された方にとっても、当社にとっても不本意なことです。つまり、本業第一という当社の考えに共感し、活躍していきたいと思ってくれた方こそ、当社の求める人物像なのです。そのような方に仲間になって頂きたいと思います。