DIAMOND -ダイヤモンド工法-|ウォータージェット工法・ダイヤモンド工法で都市づくりを支える第一カッター興業

第一カッター興業株式会社

われわれに切れないものはない。

DIAMOND -ダイヤモンド工法-

精度と速さの「ダイヤモンド工法」様々な工法バリエーションによって、どんな現場にも対応。

工業用ダイヤモンドを使って道路や構造物の切断・削孔を行うダイヤモンド工法。当社は、フラットソーイング、コアドリリング、ウォールソーイング、ワイヤーソーイング、グルービングの5つの基本工法をもとに、独自のアイデアで多種多様なダイヤモンド工法を行っています。

ダイヤモンド工法 3種類の工具

ダイヤモンド工法に用いる工具は大きく分けて3種類。「ブレード」「ビット」「ワイヤー」があり、 それぞれ強靭なダイヤモンド砥粒を使用しています。

ダイヤモンドブレード

ダイヤモンド砥粒をメタルボンドで焼き固めたチップを、基盤の周りに付けたものです。 このダイヤモンドブレードを高速で回転させることにより建材を切断。建材の種類や切断の深さなどに応じてサイズを使い分けます。

ダイヤモンドビット

筒状のチューブの先端にダイヤモンドチップの付いた刃先が付けたものです。このダイヤモンドビッドを高速で回転させながら対象物を穿孔。 穴の大きさや穿孔の深さによって様々なビットを使い分けます。

ダイヤモンドワイヤー

ダイヤモンド砥粒をメタルボンドで焼結したビーズをワイヤーに一定間隔で装着したものです。 対象物に制約がなく、複雑な形状物であっても切断可能です。

ダイヤモンド工法 基本技術とテクノロジー

ワイヤーソーイング工法

ダイヤモンドのワイヤーソーを被切断物に巻き付け、高速回転させて対象物を切断する工法です。

>> 詳細はこちら

ウォールソーイング工法

切断面(壁面・斜面・床面など)に走行用ガイドレールを固定し、 ソーイングマシンのレール上の移動によって、対象物を切断する工法です。

>> 詳細はこちら

コアドリリング工法

先端部にダイヤモンドの刃先を持った筒状の工具を高速で回転させながら、被穿孔物に貫入させ孔をあける工法です。

>> 詳細はこちら

フラットソーイング工法

ダイヤモンドブレードを高速回転させながら効率的に対象物を切断する工法で、 一般に床・床板・舗装のような水平面を切断する際に使用されます。

>> 詳細はこちら

グルービング工法

硬化した路面に車輌の走行方向と平行、あるいは直角方向に切削を行い、複数の浅い溝(安全溝)を同時に施工する工法です。

>> 詳細はこちら