コアドリリング|DIAMOND -ダイヤモンド工法-|技術とテクノロジー|ウォータージェット工法・ダイヤモンド工法で都市づくりを支える第一カッター興業

第一カッター興業株式会社

われわれに切れないものはない。

コアドリリング

コアドリリング工法とは、先端部に刃先を持った筒状の工具を回転させながら、その軸方向に圧力を加え、被穿孔物に工具を貫入させて孔をあける工法です。

正確な円形切断を求められる現場で使用され、給排水管・電気配線・空調設備のダクト、耐震補強など、どのような径の孔でも容易に穿孔できます。強度検査用サンプル採取や、アンカーボルト用の穿孔、厚い壁の一部を除去する場合のラインカットなど、仕上がりの精度が特に求められる現場で活躍します。

コア特

コアドリリングが積まれた専用の特装車があります。

コア特

乾式コアドリリング

乾式専用ビットを高圧エアーで冷却しながら穿孔します。専用パットをチューブにセットし、集塵機により切り粉を回収するため、粉じんはほとんど発生しません。耐震補強工事、空調や衛生設備、ガス、上下水道、ガードレール、各種配線工事、コンクリート構造物のサンプル採取など、幅広い場面で活躍する穿孔工法です。

乾式コアドリリング

泡コア

地盤の乾いたところなど、泡を混ぜながら削孔することで、周囲の土を崩さないように掘ることができます。

泡コア

金属コア

金属にもコアドリリングで削孔が可能です。

金属コア

油圧大口径

コアドリリングで、大口径の孔を掘ることができます(※下記の写真は500パイ)。第一カッターでは、800パイまでの口径で削孔できます。

油圧大口径

水中コア

コアドリリングは水中の建造物にも孔を空けることができます。

水中コア

遠隔式水中コア

水中のコンクリート構造物を遠隔操作により穿孔する工法です。

遠隔式水中コア

遠隔式水中コア

長堀り

特殊な設備を用いて、地下深くまで削孔することができます。

長堀り

逆穿孔

重力に逆らっての穿孔には技術が必要です。

逆穿孔

複数台施工

複数台のコアドリリングを用いて、削孔することもあります。

複数台施工