グルービング|ウォータージェット工法・ダイヤモンド工法で都市づくりを支える第一カッター興業

第一カッター興業株式会社

われわれに切れないものはない。

グルービング

グルービングとは、硬化した路面に車輌の走行方向と平行あるいは直角方向に切削を行い、複数の浅い溝(安全溝)を同時に施工する工法です。専用のグルービングマシンを用いて、ドラムと呼ばれる筒状の装置に複数のダイヤモンドブレードを所定のピッチに重ね、セットしたものを回転させることにより路面を切削。これにより、滑り抵抗や排水性の向上による路面の改善が可能です。空港の滑走路や舗装道路、急斜面に施工することにより、路面使用時のスリップを未然に防止します。

グルービングにはドライ工法とウェット工法があり、1956年にイギリスの空港で初めて施工されて以来、世界各国の空港や道路にて数多くの施工実績があります。

グルービングの事例

乾式フラットソーイング