ウォールソーイング|DIAMOND -ダイヤモンド工法-|技術とテクノロジー|ウォータージェット工法・ダイヤモンド工法で都市づくりを支える第一カッター興業

第一カッター興業株式会社

われわれに切れないものはない。

ウォールソーイング

ウォールソーイング工法とは、壁や斜面・床面などに走行用ガイドレールをアンカーボルトで固定し、そのレールに電動式または油圧式の駆動機を装着。ダイヤモンドブレードの高速な回転と駆動機のレール上の移動によって対象物を切断する工法です。

ドアの開口部や換気口・窓の設置に多用され、直角・斜めともに切断可能です。レールに沿って切断するため、正確な開口部を設けるのに優れています。また遠隔操作も行えるため、様々な状況下において安全な作業が可能。さらに本体は小型・軽量であるため持ち運びが自在で、ビルや高速道路・地下鉄など、作業スペースの狭い現場においても優れた機動力を発揮します。

乾式ウォールソーイング

従来のウォールソー機械に、乾式専用ブレードを使用して切断します。ブレードカバーで全体を覆い、作業と同時に集塵機が切り粉を回収するため、粉じんはほとんど発生しません。本体は小型・軽量で持ち運び自在。ビル、高速道路、地下鉄、擁壁など幅広いシーンで活用できます。

乾式ウォールソーイング

スリット

建造物に耐震用のスリットをウォールソーで入れているところです。

スリット