WATER JET -ウォータージェット工法-|ウォータージェット工法・ダイヤモンド工法で都市づくりを支える第一カッター興業

第一カッター興業株式会社

われわれに切れないものはない。

WATER JET -ウォータージェット工法-

環境にも構造物にもやさしい超高圧水の「ウォータージェット工法」

ノズルから噴射された超高圧水の力により、コンクリートの結合を破壊するウォータージェット工法。対象物に与えるひずみが少なく、マイクロクラックがほとんど発生しません。また、振動を低く抑えられるのも大きな特徴。環境に配慮した優れた工法として注目されています。

第一カッター興業では、「土木・建築部門」「産業メンテナンス部門」においてウォータージェット工法を活用しています。

ウォータージェット工法 5つの特徴

特徴1 振動が非常に少ない

ブレーカー、削岩機などの打撃破砕とは異なり、ノズルから噴射された超高圧水のエネルギーによってコンクリートのセメントモルタル結合を破砕するメカニズムが特徴。振動が非常に少なく環境にやさしいため様々な現場で力を発揮します。

特徴2 構造物への影響を最小限

対象物に与える変形、ひずみ、残留応力が少なく、マイクロクラックもほとんど発生しないため、構造物への影響を最小限に抑えた作業が可能です。

特徴3 ピンポイントで除去

適切な圧力と流量の設定により、鉄筋を傷めずコンクリートの劣化部分だけをピンポイントで除去できます。

特徴4 塗膜や付着物だけを除去

圧力の調整によって、対象物の塗膜や付着物だけを除去できます。

特徴5 遠隔操作

対象物とノズルが接触しないため機械の遠隔操作が容易。曲線・曲面における自由な作業が可能となり、均一な品質が得られます。

ウォータージェット工法 基本用途

土木・建築部門

R コンクリート除去処理

コンクリート構造物の変状部(ひび割れ、浮き、脆弱部)、ならびに塩化物イオンなど劣化要因を除去することを目的とします。

【適用例】
橋梁などコンクリート構造物の塩害補修
橋梁などコンクリート構造物の凍害(凍結融解)補修
橋梁などコンクリート構造物の中性化補修
橋梁などコンクリート構造物のアルカリ骨材反応補修
下水道処理施設などの化学的腐食補修

T 成形

コンクリート壁の開口(抜き打ち)、コンクリート構造物の部分除去(加工)などを行うことを目的とします。

【適用例】
コンクリート構造物の部分撤去
コンクリート構造物の箱抜き
コンクリート構造物の開口(壁、床など)
橋梁のジョイント補修
橋梁の耐震補強(橋脚の削孔)
橋梁の連続一体化補強

ST 表面処理

健全な既設コンクリートの表面に打ち継ぐコンクリート、断面修復材、連続繊維シートなどとの良好な付着性能を確保し、一体化を図るための下地処理を目的とします。

【適用例】
コンクリート床版の補修・補強
コンクリート構造物の補修・補強
橋梁の耐震補強
コンクリート片はく落防止対策
グリーンカット(レイタンス除去)
タイル張り下地処理

CS 塗膜除去処理

コンクリート構造物、鋼構造物の塗膜、異物などを除去することを目的とします。

【適用例】
建造物壁面のリニューアル
滑走路のゴム除去
鋼床版防水層補修
樹脂系塗膜除去

CL 洗浄処理

コンクリート構造物、タイルなどの外壁に付着した汚れ、異物を除去することを目的とします。

【適用例】
建造物の美観回復
トンネルなどの明色化
景観系舗装の骨材洗い出し
落書き消し

産業メンテナンス部門

工場メンテナンス

熱交換器の配管、タンクリアクターなどのプラント機器の清掃作業(スケール除去など)に対応。 また、ウォータージェット工法による金属切断(アブレイシブ切断)で火気厳禁の場所での改修工事も可能です。

【適用例】
電力産業
石油化学工場
自動車産業
鉄鋼関連産業

ウォータージェット工法 基本工法

ウォータージェットロボット

高圧・大水量による高エネルギーでの作業に対応。連続的な大規模施工に最適です。

>> 詳細はこちら

ウォータージェットランス

狭隘部や複雑な面形状にも対応。大型装置が必要ないため、優れた機動性を発揮します。

>> 詳細はこちら

スピンジェット

排水性舗装の路面を損傷することなく区画線の消去が可能。環境にやさしい排水回収型です。

>> 詳細はこちら

アクアブラスト

エアー回転ランスより幅広な施工が可能。環境にやさしい排水回収型です。

>> 詳細はこちら

アブレイシブ切断

金属・コンクリート・複合素材など、硬い材料をきれいに切断。円形でも平形でも対応可能です。

>> 詳細はこちら

生産設備メンテナンス

熱交換器洗浄、配管洗浄、床洗浄など、工場メンテナンス事業について。

>> 詳細はこちら

ウォータージェット工法 概要

超高圧水発生装置で加圧した水を小口径のノズルより高速の水噴流(WJ)として噴出する。

この水噴流が対象面に衝突したときに生じる圧力(衝突圧)と力(衝突力)および水くさび作用により対象物を破壊する。