2020.03.06

工事課従業員の負担軽減のためアシストスーツを導入します

工事課従業員は、日々変わる現場状況に対応するために、重い機材の積み下ろしや使用した機材の整備・清掃など、力仕事が日常的なものとなっています。
このような、工事課従業員の身体にかかる負担を少しでも軽減させるために、「アシストスーツ」の導入を進めています。